仮想通貨は詐欺?詐欺ではない理由

「仮想通貨は詐欺」と誤解している人がいるようです。
本当に、仮想通貨は詐欺なのでしょうか?
今回は、仮想通貨が詐欺ではない理由について、説明していきたいとおもいます。

確かに、「仮想通貨を使った詐欺」というのはたくさんあります。
例えば、「詐欺の情報商材の販売」とかはその典型ですね。
「100%儲かるコインです」とかも詐欺の典型です。
ですが、それはあくまでも仮想通貨を使った詐欺です。
仮想通貨=詐欺ではありません。
仮想通貨が詐欺だというのは、全くの誤解です。

仮想通貨は「IMF(国際通貨基金)」という国連の一つの機関が言及するほどのものであり、信頼性は十分にあります。
少なくとも、詐欺という事はありえません。

では、どうして仮想通貨=詐欺という間違った風潮が広まってしまったのでしょうか?
それは、先に書いた通り、情報商材の販売や、違法なコインの販売等もありますが、それ以外にも要因があります。

それは、「株は危険」とか「FXは危険」といった類のものと同じで、要は「損をするリスクがあるから」です。

仮想通貨には、他のネットビジネスにはない特徴の一つとして、損をする可能性があります。
価格が暴落し、大損した人も実際にいるのは事実です。
そんな人達からすると、「仮想通貨に手を出してはいけない」と言いたくなりますよね。
そして、その「仮想通貨に手を出すな」という言葉と、仮想通貨を使った詐欺の被害等の評判があり、色々混ざり合って、「仮想通貨はあやしいもの」「仮想通貨は詐欺」というイメージが出来上がってしまったのだとおもいます。

仮想通貨は、本当に詐欺ではなく、そしてあやしいものでもなく、真っ当なものです。それだけは、ここで認識しておいて欲しいとおもいます。

では、仮想通貨は実際に稼げるのでしょうか?
先に書いた通り、仮想通貨は確かに暴落する可能性があります。それは事実です。
しかしながら、仮想通貨で最も勢いのあるBTCは、これまで何度も暴落してきましたが、長期的な視点で見れば、価格が飛躍的に上昇しています。

「仮想通貨は詐欺」とか「あやしい」と言っている人が、少しずつ減ってきて、より仮想通貨の需要が増してきています。
そして、あやしいとおもっている人達が参入してくる頃には、もう遅いという可能性が高いです。
なので、もし仮想通貨をやるのであれば、「あやしい」と言っている人達がいる今がチャンスです。

今回は、仮想通貨は詐欺ではない理由について解説しました。

SNSでもご購読できます。